2008年04月02日 (水) 00:20  東写 - 川口グリーンセンター 20080330【おまけ】

アーカイブ | コメント (3) | トラバ (0)

というわけでおまけです(挨拶)

その前に、某掲示板で私信をやりとりするのもアレなので、続きはこちらに書いてしまいます。
(200人くらいはリンク経由で流入しているようなので、皆さん多分読んでいるだろうと勝手に推測してます)

というのも、ここ数日のスレッドの流れを見るに、kurot宛でレスを付けている方が複数名いらっしゃるんじゃね?と思ったから。

とりあえず「リクエストした人」は認知できたのですが、それ以外にblog引用をよくやる方とか、ページリンクを張る方とか、単にコメントでネタを挙げてくれる方とかがいらっしゃると勝手に想像しています。


* 画像直リンは論外ですが、ページリンクはアクセス解析が楽しくなるので別にかまわないです。というか、個人的にはアクセスコントロールを行っていないページへのリンク不可ってインターネットの否定では?って理解です。


名無しさんから見れば特定コテハンは1名に特定されるのは当たり前であり、当然そちら側の認識では[1:1]のコミュニケーションになるのですが、当のコテハン野郎(つまり俺)からみると、認識としては[1:n(不定)]となりまして、ちょいとコメントがややっこしくなるというか、あんまり突っ込んだ話を返すのは躊躇されます。

まぁ、コレはコレで別に苦にはならないのですが、お互いあんまり面白くないんじゃね?と思う訳で、追伸とか「ゴルァ!」などもblogコメントかメールでもらえると突っ込んだ回答が出来るかもしれませんって感じです。

あと、各種撮影会でダイレクトアクセスなんてのもアリかと。
(でも撮影中はだめよぉーん)

■ おまけ

というわけで、ちょろっと上げた奴とかその他諸々を掲載しておきます。

組に出来ないモノは通常掲載しないのですが、今回は午前中フラフラしていたので、sigma30mm/1.4だとこんな感じに写るんだねぇーという意味も込めています。
-------------------------------------------------------------------------
* 東京写真連盟撮影会 2008/03/30 川口グリーンセンター
* α700 + Sigma 30mm/1.4
* 画像転載・二次利用等はやっちゃ駄目です。
-------------------------------------------------------------------------

中嶋規恵さん

中嶋規恵

* まっすぐな写真も撮っているのです。

紗菜さん

紗菜

* 横位置だって撮ります。

上原千尋さん

上原千尋

* 横でも傾くときは傾きます。あと、ここは足まで入れるべきだったと反省。


2008年04月04日 (金) 00:22  雑文

アーカイブ | | トラバ (0)

というわけで息抜きエントリー(挨拶)


気が付くと本家での第一回特集からもうすぐ1年・・・

ボチボチは撮影しているのですが、もうちょい溜まってから第二弾かな。

・ 有楽町線 月島駅

sDSC04919.jpg


第一弾はこちら
→ http://fits.rulez.jp/photo051/photo051-tunn.html


(暗転)


1680ZAを入院させました。

落っことしたとか、ぶっ壊したとか、水没させてみたとかじゃなくて

購入時から気になっていたコトの傾向が明らかになったのでソニビルに持ち込んだんだけど、結局工場調整することになった。

詳細は戻ってきてからね。

で、今回はいわゆるひとつの「お客様相談コーナー」ってところに行ったわけだが、ホント中の人は大変だ。

右を向いても左を見ても、訳の分からぬ理屈爺だらけ。

聞こえてくる話を聞いているだけで脱力しまくりです。


・ ソニビル前の風景

sDSC05709.jpg

多分これからも何度も見上げることになるんじゃないかと想像。


(暗転)

俺もカメラ小僧(?)やってて長いけど、まだ桜に萌える年齢にはなっていない模様。


やたらと桜に萌えるおっさんカメコが多いわけだが、でも多分10年もしたら同じようになっている気がする。

桜が咲くと新レンズとか調達してみたりしてなw


・近所の桜

sDSC05686.jpg

(暗転)

blog掲載画像なんだけど

① 埋め込みで長辺550pix
② 大画像ポップアップで、サムネイルを長辺300pix

で使い分けるようにしているんだけど、どうも画像仕上げを変えないとイマイチいけないような気がしてきた。
長辺550と、700~1000では見え方が違うらしい。

大サイズ前提で仕上げると550で見せる場合にどうも締まらない気がするんだわ。


とまぁ分かった風に書いていますが、今のところ小画像をかっちょよく見せる現像傾向は見いだせていません。

まぁ、そんな感じです。



* 撮影は全てα700 + DT1680ZA


2008年04月05日 (土) 04:32  突撃予告 and 夏が来る

アーカイブ | | トラバ (0)

といわけで日曜日は天気がよければビバるらしいぜ俺は(挨拶)

で、1680ZAが入院したのは前記の通りなわけで、とりあえず戻りが来週の予定に付き


【どうする?】ユニクロに服を買いに行く服が無い Part26着目【アイフル?】

って感じなんだけど、


【色即是空】手持ちのカードで勝負するしかないんだ by ドナルド【空即是色】

なわけで、


憑れたように、口許ひきしめ、瞳を燃やし、足並みをそろえて、あなたはきっと戦(いくさ)に行くのね

by 林 明美 (と書いて、リン・ミンメイ と読む)

なのであります。


* 口許ひきしめ~ ・・・ 元ネタが分かった人は相当なオッサン確定。


なんといいましょうか、前回の川口でちょいとSigma30mmさんが不甲斐ないというか、「ジジイのファッ○の方が、まだ気合い入ってる」と脳内鬼軍曹もご立腹だったので、再戦リターンマッチをしてみようかなと思ったわけです。

だから、逆に1680ZAが入院している今こそチャンス(レンズが無ければ諦めも早い)なんです。


大規模戦2回目であり、天気もよければまた結果も違ってくるんじゃないかな・・・と期待しています。

まあ、50macroでお気楽に流すかもしれませんが。

そこら辺は当日の天気と気分次第。


(暗転)


どうやら5月に入ると大規模撮影会は水着モードに入るらしいのですが、撮影会半年ルーキーなオイラにとっては夏は初めてであり、イマイチ撮り方が分かんないというか、水着姿の女性とか撮影したことななんか無いんですけど・・・って感じなのですね(イヤマジデ)


衣装が少ない分アクセントが減るし、背景も少なめっぽいし・・・


小エロはいいんだけど、やっつけ仕事なエロ本グラビアものようなものは回避したいというか、あんまり面白くないと思うわけなのですが、今から悩んでも仕方ないのでとりあえず時期が来たら突撃してみます。


まぁ、だらだらと。(結)


2008年04月06日 (日) 23:37  ビバ - 夢の島公園 20080406

アーカイブ | コメント (2) | トラバ (0)

というわけでビバビバ(挨拶)


まぁ、なんだ、結構勢いづいて出かけてみたのだが、とりあえず日本警察機構の売り上げアップ強化週間(春の全国交通安全運動とも言う)をすっかり忘れていて、出かけに3点15000円の会費徴収チケットを頂いた訳で、正直ダウナーモードで結局ダラダラでしたな。

そのうち免許センターからもラブレターが届くと思われ(免停通知)

唯一の心残りは出発が時間ギリギリだったので、いつもの言いたい放題が5分くらいしか出来なかったこと。違反者の反論を受け止めるのもきゃつらの給料に含まれているので、言いたいことがあればとりあえずバシバシ言っておくとすっきりするかもしれません。


(暗転)


というわけで、ビバくらぶ撮影会です。

場所は夢の島公園、開会式途中に到着したので、モデルさんの名前も分からず撮影開始。

非常に緑が多い公園で、殆どの画像が緑かぶりしまくりで調整に苦労しました。
もーね、地獄色雰囲気な画像だらけでびっくりです。

ただし、緑が多い分背景は色々選べるので、もうちっと気合いがあればもっと楽しめたかな・・・と。

残念無念。

■ お題

Sigma30mm/1.4 リターンマッチ。

■ 結果概論

一日通して恐らく一言も発していない程のダウナー状態につき、黙々と作例つくり状態でしたが、よりよくSigma30mmさんを理解できた気がする。(あくまで、「気がする」です)

天気がよいとそれなりに使えるシーンが増えますな。(条件付きで)

■ 画像

というわけで、撮影画像なんですが関さんじゃなくて、今回は美崎さんです。

WEB宣材に騙されました。

「ほぉ~ なんといい面構えだ(失礼)、ぴーんときた!」(765プロ 高木社長談)

でしたね。

バリモナが戻ってきたら是非ともリターンマッチしたいです。
-------------------------------------------------------------------------
【 美崎 ひかる 】さん

* ビバくらぶ撮影会 2008/04/06 夢の島公園
* α700 + Sigma 30mm/1.4 + Minolta 50mm/2.8 Macro(D)
* 画像転載・二次利用等はやっちゃ駄目です。
-------------------------------------------------------------------------




美崎ひかる

美崎ひかる

美崎ひかる

美崎ひかる

■ 結果詳細 Sigma30mm/1.4

1.背景ボケ

ダークに落とした葉っぱ付きの木とかバックにすると、汚いボケが油絵状態。
これを「重厚感溢れるすんげぇ独特な描写」とするかは貴方次第。
(2枚目とかがそんな感じ)

で、ハイライトの葉っぱ付きの木だと、単に騒がしいだけのボケで×。
とにかく細かいもののボケは苦手のご様子。。。
(3枚目の菜の花とか)

細かくない背景の時はそれなり。
(1枚目の木だけのやつとか)

使い分けが出来る人とか、油絵状態の背景ボケが使いたい人なら○だけど、それなりに背景ボケするものの、どーにも被写体が浮かび上がらない感じがするんだよね。

これはシーン選ばず。

------------------

2.光線状態がGJなとき

寄りでも引きでも結構普通に解像するんだけど、なんか軽い。
イマイチぱっとせず、平らな感じがするのは、what's? what's ?。(バイリンガルなテツ&トモ風に)

------------------

3.逆光

駄目すぐるにも程がある。
なので、そんな光線状態では使っちゃ駄目なのです。
半逆光で「ん?」、完全逆光だと「ショボーン」、ちょっとアレ過ぎて撮ったものはお出しできません。

なんつーか、完全日陰状態じゃないと本来の性能が出ないのかなーと思いつつも、ポトレだとそんなシーンは少ないしなぁ・・・と。

------------------

4.総合

個別にゴチャゴチャ書きましたが、ピントが来てもなんとなく「?」マークの付く場合が多い気がしましてですね、これは数百枚をスライドショーでだーっと見た後の満足度が低いことで認識できます。
全体的に当たりが少ないということでしょう。

で、4枚目だけは50macroなんだけど、バリゾナとかマクロさんで撮影すると、よっぽどのことがない限りそれなりの描写をするし、機材依存の部分ではアベレージ高かったりしますので、とりあえず個人的には次回からは主力をバリゾナに戻そうと決意した次第です。


■ おまけ

本日5人目のモデルさん。

休憩時間には軽く囲みが出来ていた。

リアルモデルさんの後ろでう○こしていたのはご愛敬。

つーか、50macroはふつーに素晴らしいですな。(口径喰はご愛敬)

中古なら3万で買えたりするのでビギナーにもオヌヌメの一本です。

それと、今回一番ポトレっぽいポートレートが猫だったというのは内緒であります。

2008年04月10日 (木) 14:58  聖火リレー(1964)

アーカイブ | コメント (4) | トラバ (0)

というわけで、全世界的に随分賑やかになっている聖火リレーに関して一文をしたためようとしたんだけど、「やっぱやーめた」であります。(挨拶)

なんつーの? ネタとして下書きしていたことが、リアルで起こりそうな気配マンマンなので、ここはおとなしくヲチしているほうが楽しそうとか思ったのです。

もー、リアルワールドの方が面白くなっちゃってんだもんなぁ。


■ 東京オリンピックの聖火リレー


とりあえず北京リレーはヲチするにして、東京オリンピックの頃の聖火リレー映像とか見たくなったので、前々から気になっていた作品をちぇっきんしてみた。

---------------------
東京オリンピック 1964
市川崑 監督
---------------------

つべなら↓
http://jp.youtube.com/watch?v=UAwmJwbEACw

* (Ⅰ)からたどって20迄ある。 元々長い映画だからね。
* 2004年にDVD化されているよーなので、Amazonとかで買えます。


この作品公式記録映画とはいうものの、「これは前衛記録映画」と評される程、市川崑色が強いとの評判に違わぬ出来ばえ。

画面割りと音の使い方が秀逸だね。

動画ならではの表現が多く、写真でコレは表現できんわ、ほんと。

とゆーわけで、全編を通して、かなりカッちょえー映像が続きます。
特に開会式までの映像と、最後のマラソンと閉会式がオヌヌメよん。


この中で、広島を通過する聖火ランナーの映像とかあるのですが、警官数名の先導で群衆の中を駆け抜けていく風景が見られます。


ランナーと熱狂で迎える群衆って感じで、警備ガチガチで乱闘騒ぎなリレーとか見てられんよなーとか思うよ、ホント。


で、全体感想なんですが、長いレンズでアップで抜とか、超望遠で圧縮しまくりな絵が多いので、景色とか風情を楽しむのではなく、オリンピックに集う「人間」の姿を楽しむ感じになります。

たまに引きの絵が入るのですが、それがまた印象的。

それと何気ないカットとか、余り意味のないと思われがちなカットが鏤められていたりというのも結構楽しいです。


あと、尺が長いせいもあり、とにかく見ていてとても疲れるのですが、これは「人間のアップが多いので、どんな表情変化があるのか、とにかく目が離せないから」です。

つまらないのではなく、目が離せない上に、凝視せずにはいられんので疲れちゃうのさ。


よくある「懐かしの映像」とは違ったモノが見たい人ならお勧めです。


2008年04月13日 (日) 23:56  Ace Combat 6

アーカイブ | | トラバ (0)

カメラの無い週末なんてひさしぶりー(挨拶)

blogには書いていないが、バリモナさんだけじゃなくてα700本体も入院中であり、とりあえずソニーの中の人曰く、「調整終わって来週戻ってくるから、また電話するねキャハ♪」だと。

細かいところは戻ってきて、実写チェックが終わった後で書くさ。

というわけで、、天気も悪いしカメラもないので週末はプチニート風味で決めてみた次第だ。

毎週毎週元気いっぱい外出しているように思われるかもしれないが、カメラがないと、「定職に就いているニート」なのだね、私は。


■ 箱○

さてニートといえば言えばゲームでありますが、何度か書いているとおり我が家にはゲーム機はございません。

まぁ幼少期からゲームには余り興味がないのですが、過去に遡ると希にゲーム機が存在する時期がありまして、それはいわゆる「激しくプレイしたいゲームが出現し、かつ、財布に余裕があるとフラグが立って、ハードとソフトをまとめて買ってしまうとう病」が発症した時期になります。


普通の人はゲームハードを所持していて、新作タイトルで興味がそそるものがあればそれを買うのでしょうが、私の場合ソフトがトリガーとなってハードを買うわけだね。

まぁそんなこんなで、要はAceCombat6がやりたくなったのでXBOX360を購入したのでありますよ。
(これが10日前くらいの話)

 
 
 

■ 記念ショット
 
 

 というわけで、記念ショットなのでありますが

 
 
 
 
 

P1020536.JPG
 
 
 

画面が全然AceCombatじゃないんですけど?という突っ込みは置いておいて、とりあえずなんか安かったのでアイマスも買ってみたのであります。

ただいま見習いPで一人目を絶賛育成中なんだけど、20週目の休日イベントで「ヲタク親父なマクロPCのゲルハッセン会長」とか出てきてイメージレベルがいきなり+6なんですけど、なんじゃこりゃ?であります。

まぁ、よく分からないけど適当にやっています。


あ、それと記念すべき初選択キャラは当然りっちゃんです。

事務員とかローソンとかエビフライとかさんざん言われているけど、要は気丈な女子校秀才タイプで眼鏡で三つ編みのツンデレさん。

初期状態で軽くダサルックだけど、シナリオが進むにつれて・・・

と思いきや、ゲーム本体にはNON眼鏡/髪解きモードは無いようです。

んー?それはなんで?とか思ったんだけど、個人的には「それやると破壊力高すぎてゲームバランスが狂うから封印された説」を支持したいと思います。

まぁ、眼鏡萌え歴四半世紀な俺には全然関係ないんだけどさ。


(暗転)


それと、主目的のAceCombat6は15インチTVでイマイチ画面が見にくいのだけど、別にステージクリアとかどうでもいいので問題ないです。 F-14はゲットできたので「格好いいリプレイ画像を見るにはどのように飛ぶべきか?」を主に追求している最中です。

当然EASYモードね。


■ Xbox Live テクニカルメモ

ネットに繋いで体験版だとか、フルHDのトレーラーとかダウンロードできるのだが、例によって接続時にコツがあるようなので自己メモ。


・症状
----------------------------------------------
XBOXのネット接続テストで「MTU:失敗」エラーがでる。
また、XBOX LIVE自体への接続チェック段階でも失敗する。
----------------------------------------------

・解説
----------------------------------------------
「MTUとかPCヲタしかわかんねーだろ?」って感じなんだが、ADSL普及聡明期にちょっとだけ流行した、ネットワーク機器における送出パケットサイズの最大値?の設定だ。

Xboxliveでは「MTUのルータ設定値は1364以上必須」 ってことらしいんだけど、ブロバンルータ全盛の昨今1364以下になっていることの方が珍しいのでありまして、どーせネットワーク接続系のゲームにありがちな「パケットフィルタが悪さしているでFA」だろうと当たりを付けたらやっぱりそうだった。

Webで確認する限り、馬鹿正直にMTUの値をいじくり倒して肥溜めにはまっている人多数の模様。

ルータログをtail -f で流しながらリアルタイムで接続試験しつつRejectパケットをチェックできれば即解決なんだけど、普通はそんな環境無いわけで困ったモンだ。
----------------------------------------------

・対応
----------------------------------------------
サーバー側発の特定UDPパケットをXBOX宛に通す。
我が家の場合は以下の4本。
RTX1000にXBOXぶら下げる馬鹿はそんなにいないとおもうけど、参考までにコマンド丸ごと書いておく。
----------------------------------------------

・YAMAHA RTX1000 (Rev.8.01.20)
----------------------------------------------
ip filter 3116 pass * 192.168.1.58 udp kerberos 1257
ip filter 3117 pass * 192.168.1.58 udp 3074 1258
ip filter 3118 pass * 192.168.1.58 udp 3074 1259
ip filter 3119 pass * 192.168.1.58 udp 3074 3074
pp select 1
ip pp secure filter in (既存の設定) 3116 3117 3118 3119
----------------------------------------------

* MSのゲームサーバのIPアドレスが固定ならば指定した方がよりセキュアな感じ。

* めんどくさい人はXBOX宛のUDPパケットを全通しすると、1行で済むかもしれん。
  (スーパーハカーに悪さされるかもしれんけどな。)

* フィルター設定をする場合、XBOXのIPアドレスをDHCP払い出しで設定すると後々面倒かもしれんね。


あとXBOX360のネットワーク確認チェックでは、ICMPとかNATの状態まで確認しているようなので、他のチェックで引っかかったら、また別の問題かもしれない。

まぁ、そんな感じです。


2008年04月16日 (水) 15:58  α700+小バリモナ 帰還しました

アーカイブ | コメント (5) | トラバ (0)

というわけでα700と1680ZA(小バリモナ)が帰還したので詳細でも(挨拶)

------------------------------------------------------------------------------
■ 発生事象

実際の被写体距離と、ピント合焦時の指標位置の著しいズレが発生する。

(ex)
16mm側でAFモードで無限遠被写体にピント合わせを行うと、指標位置が2m近辺になるが、インフォーカスである。
MFモードで∞にピント指標をセットした場合、絞り開放では無限遠被写体はアウトフォーカスである。

■ 対象製品

CarlZeiss Vario-Sonnar T* DT 16-80mm ZA (使用ボディ α700)

■ 発生条件

焦点距離を最大広角側(16mm)に設定した場合に顕著に表れ他の焦点距離では本事象は発生しない。

(ex)
16mm以外の焦点距離にセットした場合
AFでのフォーカシング、MFモード時のマット面でのピント合わせにおいて無限遠の被写体であれば、ほぼ∞指標付近で合焦する。
------------------------------------------------------------------------------


とまぁ、障害報告書風に書いてみたのだけどよく分からんと思うので要約すると

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
1.遠い被写体にAFピント合わせすると、ピント指標2m辺りでジャスピン
2.マット面を使用してMFしても、やっぱり2m辺りでジャスピン
3.ただしこーなるのは、不思議なことに16mmで使用した場合のみ
4.ちょっとでもズームリングを回した焦点距離で使用すると無限遠は∞マークでジャスピン

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
であります。

とりあえず機械的にはキチンと動いてAFでピントも合うし、マット面でMFしても問題ないんだけど、目測でMFするような場合にちょっと困るって感じですね。

そもそもズームレンズだと焦点域毎にピント指標と被写体距離が一致しないなんてのは結構ありまして、無限遠が「∞」の前後になることとか当たり前だったりするのですが、そのズレがねぇ・・・でかすぎかなぁと。

ファインダーでもピント確認しずらい広角側で、しかも「∞」マークが被写界深度を外れるとなるとちーと厄介なので調整に出してみたのです。


● Before (調整前)

まぁ実際どんな感じだったのかが以下。

左:16mm側で50m以上離れた被写体で、AF使用時のピント指標位置。(更に短距離指標を示す場合も多)
右:MFで無限遠にセットするとこんな感じ。

indig.jpg
 

before.jpg


16mmなので被写界深度深めなんだけど、∞だと明らかにピント外れであり、無限遠が1~3mの間辺りに来ていることが分かります。

上記画像は等倍切り出しですが、ここまでアウトフォーカスだと鑑賞サイズの画像でも「なんかヘンだな?」って感じ。


● After (調整後)

受け取りはソニビル。

屋内なので20m位しか距離が取れませんが、16mm/AFは∞マーク位置辺りで止まってジャスピン
広角側なので多少ばらつきがありますが被写界深度内と推測できる範囲で収まってました。

その後屋外でも速攻チェックです。
ピント位置は上記と大体同じ辺りにMFでセット。

after.jpg

他の焦点域も軽くチェックしてみましたが、16mm以外は以前の通り、無限遠は「∞」マーク辺りで合焦しており問題なし。


● まとめ


最初はこの法則性に全然気が付かなくて、


夜景はMFでやるのだが、、「なんか広角側で当たりはずれが激しいなぁ」の意識を持つ

ある日、AF使用時にピント指標が激しくズレてんじゃね?と気が付く

焦点域毎に被写体距離を変えて激しくチェック

なっ、なんだってー!

 
 

てな感じでありやす。

まーMFで16mmだとファインダーで見てもピンズレとか気が付きにくいし、更にMFするのが条件の悪い夜景撮影時ばかりなので、なんとなく「∞」マーク付近に合わせてしまうんだよね。

コレが違和感の元。

で、全焦点域で等しくズレがあれば気が付くのが早かったのだけど、AFは全然問題ないし、ホントに本当で16mmにセットした場合だけでしか∞マークズレは発生しないのさ。

18mm付近にセットするともー全然OKでしたよ。

ここら辺が法則発見に時間のかかった理由ですかね。

まぁ、とりあえず直ってよかったけどさ。


● 顛末

最初レンズだけ送ったのだけど、レンズ点検時には技術者側に申告内容が正確に伝わっていなかったんじゃないかと推測しています。

電話でソニビルのおねーさんと結構な回数やりとりしたのですが、多少伝言ゲーム的展開だったしねぇ。最終的にボディと併せてチェックするってことになり、やっとこ申告内容を把握してもらった感じでした。

SONYがデジタル一眼を始めてまもないので、ソニビルの受付の方のスキルもこれからなのかもしれませんが、一般家電とは違って一眼レフカメラはボディとレンズの組み合わせが無限大であり、ここら辺は時間がかかるとは思いますが奮起に期待しとくさ。


・ 情報的収穫

1.DT1680ZAはバリフォーカルである(中の技術者が明言)
2.AFズームレンズは、ピント指標位置とかずれます。というか、それが仕様。
3.中の人も使っている被写界深度計算のwebを教えてもらった

http://www.dofmaster.com/dofjs.html

他にも結構あるんだけど、ココは結構親切なつくり。

ボディと焦点距離と絞りと被写体までの距離を設定すると、深度計算をしてくれる上に、図解の値もちゃんと変わるので視覚的にわかりやすいです。


まぁ、そんな感じです。

2008年04月17日 (木) 13:58  交響詩篇エウレカセブン

アーカイブ | | トラバ (0)

というわけで今更ながらにも程があるって感じでエウレカセブン(DVD版)であります(挨拶)


何度か書いているとおり、我が家のご近所のレンタルDVD屋では月3回のセールがございます。


DVDが1週間で200円なので、安さにかこつけて適当に借りてきては、「んー これは当たり」とか「地雷・・・だな。」なんて悲喜こもごもを繰り返しておりますが、今回ようやくエウレカさんに手を伸ばすことになった次第です。

でもな

正直最初は「んー、正直あまりパッとせんタイトルだが・・・とりあえず借りてみっか・・・」くらいの期待度だったんだけど、実はこれが運の尽きでございまして、なんとも寝不足なのであります。


あと、あれだ


「13枚組かー んー、OVAだろうし、26話か長くても39話だし2分割特攻で大丈夫だべ」


とか思っていたら、50話もありやがんの・・・


OVAじゃなくてTV放映4クールの1年ものだったのだね。

作画品質が全然TV物っぽくなかったので、しばらく気が付かなかったよ。ホンマ。


ご近所店舗のDVDレンタル上限が10枚なので、様子見で最初4枚、勢い付いて2回目9枚の2分割で借りたのですが、2回目は完全寝不足撃沈モードでありました。


あーもー 畜生、面白いじゃねぇか


全部見終わった後に調べてみるに、世間様的評価は結構高い作品だったのねぇ・・・と。


ちなみに「全部見終わった後に」となっているのは、個人的なレンタル指針が


1.シリーズ物の場合は完結しているものがレンタル対象。
2.直感勝負。世間様の評価とか、前知識は不要、というが害なのでweb検索とかしない。
3.よって、製品パッケージを読むのも全力で回避する。

って感じだからです。

なので観た時にはすっかり旬が過ぎていたり、評価が確立している物であっても全然観ていなかったりがままあるわけなんですが、そもそも情報がサッパリ存在しない状態で見ているので特に問題はないのです。

■ オマージュ

で、とりあえず2周目に突入している訳なんだけど。。。


遺跡発掘で掘り出した生体骨格に装甲を施して、電気信号で人間がコントロールできるようにすって、どこぞの汎用人型決戦兵器ぽくね?


とか


童貞臭全開の少年
無感情・無表情(初期状態)な少女
過激にバイオレンスなボコデレ少女

この配役はやっぱりアレですか?(ドMのドミニクは放っといて)


* ボコデレ ・・・ 相手をボッコボコにしつつも、実はデレ。

 

とか


そもそも「エウレカ」というネーミングは響きだけ聞くとよろしくない気がする。
つーか、うれしさのあまりキレて全裸で街を疾走した古代の誰かさん風味じゃね?


とか思っていたのだけど、ネタ元が殆ど読み通りだとは俺自身びっくりだぜ。


* 「あらゆる作品をオマージュしまくりですし、ネーミングも元ネタが無いものの方が少ないですが何か?」と制作側が明言しているようです。

-------------------------------------------------------------------

■ 諸々インプレ

ネタバレ書いても意味がないので個人的感想。
観ていない人にとっては何のコトやらだけど気にしない。


▼ とりあえず、エウレカ可愛いよマジで。


非人間ヒロインキャラ決戦をするならば


【非人類】 エウレカ > | 超えられない壁 | > 長門 >> 綾波 【頂上対決】


個人的にはこんな感じでしたな。

つーかな、スカブから脱皮後のかわいさは一体何なのだ? えーい!けしからん! 全くもってけしからん!

ルックス的にはダウンするのに・・・・


▼ アネモネヤヴァスギ


【精神的大虐殺】 エウレカ48話のアネモネモノローグは反則 【萌狂え】

「精神崩壊ぶっ飛び女→ヤク中、壊れキャラ」で終わるかと思いきや、一撃逆転していきましたな。ホント。

「つーかさー、アネモネは扱いが軽くねーかぁ?」とか思っていたけど、最後に全部持ってきました。


壊れキャラのままで、「殺してやる×100」とか絶叫しながら槍に貫かれてアボンじゃなくてホントよかったと思います。お兄さんは安心しましたよ。


▼ ストーリー

ストーリーについては、興味のある人は自分で観て確かめよう。

カテゴリーは勧善懲悪ロボット物じゃなくて、人間ドラマ。個人的には

「恋する少女はものすごく可愛いらしい」かなと。


異人種共生とか、宗教とか、政府の秘密計画とか出てきますし、ランバラルっぽい人とか、ドズルっぽい人とか、ゼーレ沈黙の間のような場所でオネアミス王国っぽい人が会議やったりしてるし、もしやそれはシズマドライブでは?だったり、私の彼はパイロットな要素とか諸々ございますが、そこらへんはどっかに置いといて

「ド直球のラブストーリー部分が青熱い物語で激しくお勧め」であり、

難しく考えすぎなければOK。

とうか激泣。

でも、ラストは笑激。

▼ 動画

・静→動→ベクトル変更→加速→減速
・寄り→引き→中間
・望遠→広角→フォローアップ→パン

LFOのアクションは正直バランスイイと思います。イケてます。心地よいです。

単に早く動いているだけのアクションだとウンザリなのですが、この作品は大丈夫。


▼ 全50話

長いです。

キャラの感情起伏とか、上げモード展開期、下げモード展開期が数回続くので、1週毎に見ていた人は辛かったと思います。

でも、まとめてみるとこれが逆に心地よいのだね。1クール通しの4分割程度で一気に見るのがお勧め。

たまに横道モードになるのは長編のお約束、というか必須。


▼ 51話

51話については、大阪版と東京版両方観たよーん。

まぁ、そんな感じです。

2008年04月21日 (月) 21:14  ビバ - 夢の島公園 20080420

アーカイブ | コメント (4) | トラバ (0)

というわけでビバビバなのです(挨拶)


会場は前回と同じ夢の島公園だけど、今回は諸々余裕を持って撮影できたので楽しかったDEATH。


■ お題

Minolta AF100mm/2.8 Macro(N)

気が付いたら中野のATMで現金をおろしていたとか、いないとか・・・

ちなみに、35000円で釣りが来ましたです。

■ お題結果

あー、なんかこのレンズ後ピン傾向なんですけど・・・
(いきなり実戦投入はハイリスクですなぁ)

途中でなんとなく気が付いたのでズレが激しい場合はMFするようにしたのですが、そもそも100mm/2.8クラスだとAFお任せは厳しいのだと思います。

バストアップ程度でも、角度が付いていると右目がインフォーカス、左目がアウトフォーカスとかザラだしねー。

描写は評判通りの良質長玉らしい画像なので↓で確認してねん。


■ 画像

というわけで、撮影画像なんですが今日は大崎さん張り付きだったので復活したバリモナさんとペアでお送りする次第。

-------------------------------------------------------------------------
【 大崎 莉央奈 】さん

* ビバくらぶ撮影会 2008/04/20 夢の島公園
* α700 + Vario-Sonnar DT 1680ZA + Minolta 100mm/2.8 Macro(N)
* 画像転載・二次利用等はやっちゃ駄目です。
-------------------------------------------------------------------------


・Minolta AF100mm/2.8 Macro(N)

大崎莉央奈大崎莉央奈大崎莉央奈

・Vario-Sonnar T* DT 1680ZA
大崎莉央奈大崎莉央奈大崎莉央奈


・横位置はチャレンジングで (1680ZA)


■ 長玉

α700で100mmだと、銀塩150mm相当になり、結構な長玉だったりします。

まぁ、300~500mmとか振り回している人から見ると随分とヘタレな感もあるのですが、換算200mm以上は三脚の世界だとおもっています、個人的に。

で、とりあえず長玉だと、

・ズバッと寄って切り抜く
・ロング~ミドルで抜いて背景を溶かすんだ!

位しか使い方が思い浮かばなかったので、大体そんな感じの画像になりました。

いわゆる「背景を溶かすなら長玉だよねー」であり、ナインティーズ(90年代風味)全開です。

懐かしい香りがしますな、いやはや。
 
 

とりあえず、ここら辺の焦点域をまともに使っていたのは銀塩時代まで遡ることになるのですが、SIGMAの180mm/2.8 APO Macro (絶版レンズ)をぶんぶん振り回していた頃を思い出しました。

「180mmでマクロで2.8って、これまた変態的スペックだな」とか思うのですが、Kマウント版はAFモデルが存在せず、MFのみのラインナップと、更に変態じみていた製品であります。

とういうわけで、多分そのころの撮影スタイルのまま撮っているので、'90風味なんだね。

でも、久々だったので距離感がイマイチ掴めず、窮屈だったり引きすぎだったりとか多いのですが、まぁ、ボチボチ慣れていこうかなと思った次第です。

では


あ、レンズインプレしてねーや・・・

minolta AF100mm/2.8マクロ

・もう一回実戦投入して、満足したら主力レンズに加わると思います

・ピントはMF前提です

・4.0まで絞ると結構柔らかくもビシッっとします

・ボケはキレイだとおもわれ ジャスピン部分は柔らかくも切れがある感じ

・全体的にふんわりなので、バリモナさんがリアルにえげつなく描写するような場面でも、ソフラン仕上げが可能。

つーか、50マクロを含めて、マクロをマクロとして全然使ってないなぁ、俺。

とか思った。

まぁ、そんな感じね。

2008年04月27日 (日) 21:50  東写 - 葛西臨海公園 20080427

アーカイブ | | トラバ (0)

というわけで月例の東写(挨拶)

葛西臨海公園はビバで行ったことがあるので、なんとなく勝手が分かっていたので楽勝モードかと思いきや、お気に入りポイントが水没していて使えずちょっと残念。

■ お題

Minolta AF100mm/2.8 Macro(N)の最終試験

■ お題結果


ちょー気に入ったので主力に格上げです

この人MF前提だけど、長い焦点距離もあってピントの山が掴みやすくて結構何とかなるし、なんと言ってもバリモナさんとはキャラがかぶらないので、こやつならではのシーンで活躍できるんじゃないかと思います。

つーかね、いいですよ、100マクロ。

投げ売りαSweetDigitalで、なんとなくαマウントに足を踏み入れた私ですが、結果として上手くいっているなーと感じる今日この頃です。


そんな感慨にふけりながら画像でも。

■ 画像

-------------------------------------------------------------------------
【 藤崎 まひる 】さん


宣材がアテにならんのは相変わらずなのですが、ノーマークだった大橋さんこと藤崎さんから高濃縮トラパーが吹き出ていたので、これはリフらねばアカンねとなった次第です。(わかんない人は気にしないでね)

それと、名前が撮影会発表とは異なりますが、ご本人様曰くこちらがメインとのことなのでこちらで掲載です。
公式blog → http://yaplog.jp/rain-bow_fan/

午前午後でイメージを270度位変えてきたのでビックリなのですが、それ以上にキャラのイケ度がMAXでナイス。
カメラマンになってもらったり、休憩時間を馬鹿話で潰してみたりと、非常に楽しい撮影会となりまして感謝です。

* 東京写真連盟撮影会 2008/04/27 葛西臨海公園
* α700 + Vario-Sonnar DT 1680ZA + Minolta 100mm/2.8 Macro(N)
* 画像転載・二次利用等はやっちゃ駄目です。
-------------------------------------------------------------------------

・午前



藤崎まひる藤崎まひる藤崎まひる

・午後

藤崎まひる藤崎まひる藤崎まひる




・それ以外にも色々(めんどくさいのでモノクロベタ風で)




* 7割位100mmマクロさんだったので、それっぽいのが多いです。

■ 総括

午前中は超曇天レフ無用モードで、午後にかけて晴天。

そんなわけで午前中分がやたらと「しっとり」仕上がっていますが、こーゆーのも結構好きだったりします。

あと、午後分は手抜き感マンマンなのですが、これはおなかいっぱいモードだったからナリ。


ほいでは

2008年04月30日 (水) 01:26  SGP - 平塚湘南海岸公園 20080429

アーカイブ | | トラバ (0)

あー、夏がきちまったねぇ(挨拶)


■ SGP

お初の「SGP」(湘南女性写真研究会)主催の本年一発目に参加してみた。SGPさんは、日本名の通り本拠地を湘南に置く女性写真を研究している団体さんなんだけど、その筋では相当有名らしい。

んでもって、SGPのモデルさんというのは毎年公募選考の形式で集めているのだが、年度1回目の撮影会を最終選考会を兼ねたオープン参加の撮影会としているんだと。

今回はその一発目であり、総勢30名弱のモデルさんが勢揃いの大規模戦でありましたが、参加カメラマンも400名弱と超大規模戦となって偉いコッチャになってましたね。


■ 平塚へ

我が家からSooner100Zで下道オンリーの85km、時間にして2時間半。(途中マック朝飯含む)

国道246とそれに続く国道129がびっくりするほど整備されているので、立体交差・地下道を駆使した無信号区間を巡航速度高めでぶっ飛ばすことが可能でちょー快適です。

朝は渋滞知らず、夕方はバイクなら渋滞が気にならないでブンブン突き進めますな。

「首都高→横浜新道→国道一号」とは比較にならないくらい経済的なので、どーしていままで使っていなかったのだろう・・・と、今更ながらに後悔してます。

まぁ、帰り道はガソリン値上げ前駆け込み給油車が道路に溢れて、得体の知れない渋滞があちこちで発生していたのはご愛敬です。


■ お題

Q.水着で水辺ってどう撮るのさ?

■ お題結果

A.結局よくわからんのです


細かいコトはいろいろあるんだけど、

・衣装がアクセントにならないので、ポージングで決めないとアレかも
・で、イメージは的確に指示できる(伝えられるように)ならないとモデルさんも?でしょう
・あと、背景は単調傾向だけど邪魔な物は結構あるので注意な

とかかなー。


とりあえず、テトラポットとか結構邪魔です。

世界の黒沢なら「あー、あのテトラポット邪魔じゃのぉ。どかせ」で解決できるのですがオイラには無理。

立ち位置で調整しようにも、カメコ多すぎでままならずでございました。

ポージングについては、困ったときの「棚ボタポージングのおこぼれに与るのがいいらしいぜ」の法則を発動させ、なんとか形にしてみた次第。

それと、「逆光は勝利」とかバカの一つ覚えを実践していると、当たり前ですが海も青空も写りません。


■ 画像

30名弱が参加といっても一日を通して全員撮影できるわけじゃなくて、モデルさんをグループA~Cと3分割して、各グループを50分1セッションで交代していきます。

なので、スタンプラリーをしないのであれば、50分間のなかで10名のモデルさんの緒なかからお気に入りを選んで、かつ残った時間で張り付きモード(をA~Cグループの計3回)といったサイクルになります。


とまぁそんな忙しい中で、多分一番撮影したのがBグループの石川さんでして、記念アプしておきます。
-------------------------------------------------------------------------
【 石川 夏海 】さん (エントリーNo.18)

既にRQ、イベコン、唄い人etcでご活動中の模様。
元気いっぱい、動きの量はおおくて撮影していて面白い感マンマンでした。

撮影会モデルは初めてということだったのですが、慣れれば更に味が出そう・・・と思いきや、合格には至らなかったようで残念。

他のモデルさんも既に各方面でご活躍の方とか多いわ、最終選考といいつつも6割位は落選なわけで、結構激戦なのですね。

公式blog → http://blog.livedoor.jp/summer_stone/

* 湘南女性写真研究会(SGP) 2008/04/29 平塚湘南海岸公園
* α700 + Vario-Sonnar DT 1680ZA + Minolta 100mm/2.8 Macro(N)
* 画像転載・二次利用等の許諾はありませんので、不可です。
-------------------------------------------------------------------------

石川夏海石川夏海石川夏海
石川夏海石川夏海石川夏海

■ 夏仕上げ

LIGHTROOMの現像パラメータが夏仕様になってます。 ライトとハイライトのパラメータ移動方向が通常と逆。ハイキー飛ばし気味で夏の日差しをイメージですね。


光線状態の読みの甘さを、飛ばして誤魔化しているのでは?」とか突っ込むなよ、返答に困るからな・・・


まぁ、そんな感じです。